“Japanese Old Photographs of the red-light district”
遊里の古写真(絵葉書)を紹介しています。
古写真(絵葉書)の著作権についての詳細は、About the copyrightをご覧下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


画像は、沖縄那覇辻玉川楼。



画像は、沖縄那覇辻いろは楼。

日の丸を腰に巻いて―鉄火娼婦・高梨タカ一代記 / 玉井 紀子

著者がパラオの離島で見つけた碑。

それは短刀が埋め込まれた碑。

背景には太平洋戦争があり、さらに、

その短刀の持ち主は酌婦をしていた沖縄出身の女性のものだという。 米兵が建てたという碑。

そんな旅の中の偶然な(必然かも)碑との出会いにより著者は島の虜になってしまう。

さらに短刀の持ち主の女性をさぐってゆくうちに南洋帰りのひとりの女性と向き合うことになる・・・

高梨タカ、その人である。
[Okinawa 07]...a continuation is read.
スポンサーサイト


画像は、琉球・辻の踊り。

辻の華―くるわのおんなたち (1976年) / 上原 栄子

明け方に読み終えて「へぇぇぇ!」と驚いた。

辻遊郭。

沖縄那覇の辻遊郭は女性のみの強い絆で結ばれた自治的組織色が濃い遊里です。

他の遊郭の悲惨な状況とここまで違うのか!とびっくりの「へぇぇぇ!」。

著者のお人柄か・・やわらかい文体と沖縄の風情に、実際に見たことも無い辻の姉さまが素晴らしく、艶かしい。


画像はジュリと呼ばれた女性。


宮平初子「首里の織物」 ー優雅・彩る技と心 / 宮平 初子

いつか風になる日  (CCCD) いつか風になる日 (CCCD)
元ちとせ (2003/08/13)
ERJ

この商品の詳細を見る

*わたしはこの曲を聴くと、沖縄で力強く生きたジュリたちが海へと向けたまなざしを想います。
日本各地、港で身を売った女性たちへの想いも同じです。
現代に生きるわたしの心にいつも深く沁みる曲でもあります。


画像は、戦前の辻遊廓。

琉球花街辻情話史集 (1973年) / 沖縄郷土文化研究会


琉球の民謡をせつなく、あたたかく取り上げているブログを拝見してから、どうしても辻の夜を彩ったであろう独特の音色を嗅ぎたくなりました。

この書籍は、


画像は沖縄、那覇の辻遊廓。

各地に散らばっていたジュリ(遊女)をまとめて辻遊廓としたのが1672年。

本土の遊廓と形成が異なり、廓主(女将)はアンマー(母親)と呼ばれ、ジュリたちとは固い絆で結ばれました。

また、女性のみで共同生活し、廓内で働く男性の介入は無かったのです。


琉球花街辻情話史集 (1973年) / 沖縄郷土文化研究会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。